JA / EN  
お知らせ

知財と社会問題研究所 R3K研究会 開催

2021年12月9日

eスポーツ×教育の最前線「高校eスポーツ部応援プロジェクト」の実践

青山学院大学総合プロジェクト研究所「知財と社会問題研究所」(東京都渋谷区、所長:竹内孝宏)は、2021年12月18日(土)に、青山学院大学eスポーツ研究会(R3K)の第1回目として、「eスポーツの社会的価値を考える:eスポーツ × 教育の最前線「高校eスポーツ部応援プロジェクト」の実践」を開催します。

開催日時:2021年12月18日(土)15:00〜16:30(講演+質疑応答)14:30開場
開催場所:青山キャンパス 大学11号館3階1134教室
     https://www.aoyama.ac.jp/outline/campus/aoyama.html

演  題:eスポーツ×教育の最前線「高校eスポーツ部応援プロジェクト」の実践
登壇者 :株式会社セガ ジャパンアジアパブリッシング事業部 eスポーツ推進室室長 五十嵐勝氏
     株式会社セガ ジャパンアジアパブリッシング事業部 eスポーツ推進室 チームマネージャー 正廣康伸氏
     JeSU公認プロプレイヤー 飛車ちゅう氏
対  象:民間企業、官公庁・自治体、教育関係者、学生・生徒、その他eスポーツにご関心のある方
参加費 :無料(先着順50人、事前登録制)
申込方法:以下URLから、2021年12月17日(金)12:00までにお申込ください。
     https://www.aoyama.ac.jp/post05/2021/event_20211218_01

※詳細については添付のリーフレットをご覧ください。
※新型コロナウイルス感染症の拡大状況により、イベント開催方法の変更、中止となる場合がございます。

【担当教員からひと言】
川又啓子(青山学院大学 知財と社会問題研究所 副所長/青山学院大学総合文化政策学部教授)

青山学院大学では2018年度からeスポーツの研究に着手して参りましたが、この3年間でeスポーツを取り巻く環境が大きく変わったことを実感しています。世界第3位のゲーム大国でありながら、eスポーツでは周回遅れと言われている日本。しかしながら、いわゆる「eスポーツ先進国」とは違う展開があるのではないか。青山学院大学eスポーツ研究会(R3K)では、このような問題意識のもと、教育、福祉、地域活性化、ツーリズムなどの側面から、「JeSports(日本型eスポーツ)」について研究を行っています。今回は大変興味深い現場での実践のお話が聞けると思いますので、是非ご参加ください。なお、本研究会は、日本学術振興会科学研究費助成事業「メガマーケティングによるゲーム/eスポーツの社会的受容促進に関する研究」(課題番号:JP21K12486)による取り組みの一環です。

▼研究会に関する問い合わせ先
 青山学院大学 eスポーツ研究会(R3K)
 Email:esports.agu.2021@gmail.com

▼取材に関する問い合わせ先
 青山学院大学 政策・企画部 大学広報課
 TEL: 03-3409-8159 <取材の申し込みについて>
 URL: https://www.aoyama.ac.jp/companies/interview.html

esports_a4

知財と社会問題研究所 講演会・シンポジウム 開催

2021年11月18日

ゲームはいかなる社会問題をいかに解決しうるのか?

ゲームは子供達にとっては友達との距離を縮める楽しい遊びであり、保護者にとっては勉強の妨げとなる厄介者かもしれません。はたまたスポーツ感覚でエキサイティングにプレーし、観戦に熱中するものでもあるかもしれません。そして、ゲームを使って社会を少しでも良い方向に導いていこうと考えている人達もいるかもしれません。様々な思いが寄せられるゲームですが、少し俯瞰して見てみると、ゲームが拓くフロンティアは、皆さんが思っている以上に広く、そして深くもあります。

青山学院大学総合プロジェクト研究所「知財と社会問題研究所」(東京都渋谷区、所長:竹内孝宏)は、企業等が所有する知的財産を活用して社会問題解決のためのモデルを構築することを目的として、2021年1月に設立されました。現在は「ゲームを活用した社会課題解決の可能性の研究」に取り組んでいます。

そこで今回の企画では、小幡和輝氏(ゲームのオンライン家庭教師『ゲムトレ』代表/#不登校は不幸じゃない 発起人)と、原田勝弘氏(株式会社バンダイナムコエンターテインメント ゲームプロデューサー)をお招きして、面白おかしく、時には真面目にゲームの可能性について議論していきたいと思います。

開催日 : 2021年 12月 2日(木)

開催時間: 17:00~18:30 (開場 16:30)

開催場所: 青山学院大学 本多記念国際会議場(青山キャンパス 17号館 6階)
      東京都渋谷区渋谷 4-4-25
      アクセス https://www.aoyama.ac.jp/outline/campus/access.html

参加費 : 無料(先着順、事前登録制)

参加ご希望の方は、下記のURLからお申込ください。

     https://qr.paps.jp/FJGJg

プログラム

講 演    小幡和輝 氏

シンポジウム 「ゲームはいかなる社会問題をいかに解決しうるのか?」

   小幡和輝(ゲームのオンライン家庭教師『ゲムトレ』代表/ #不登校は不幸じゃない 発起人)
   原田勝弘(株式会社バンダイナムコエンターテインメント ゲームプロデューサー)
   田嶋規雄(司会進行:SSP-IP客員研究員 拓殖大学商学部 教授)

知財と社会問題研究所-講演会・シンポジウムチラシ20211111-6s

青山学院大学と株式会社バンダイナムコエンターテインメント共同研究 スタートアップシンポジウム 開催

2021年6月22日

企業の知的財産を活用した社会課題解決に向けた研究を行う、青山学院大学総合プロジェクト研究所「知財と社会問題研究所(Solving Social Problems through Intellectual Properties 以下SSP-IP)」と株式会社バンダイナムコエンターテインメントは共同で、SSP-IPが持つアカデミックな視点を取り入れながら「ゲームを活用した社会課題解決の可能性の研究」を2021年1月より開始しました。

そこで、2021年6月26日(土)にスタートアップシンポジウムを開催します。シンポジウムには、SSP-IPに在籍するメンバーに加え、共同研究メンバーでありバンダイナムコエンターテインメントで対戦格闘ゲーム『鉄拳』シリーズなどを手掛ける原田勝弘氏が登壇し、現在のゲーム業界の状況や課題を織り交ぜながら、研究の展望についてディスカッションを行います。
このイベントは当初、一般観覧を予定し開催に向け準備を進めていましたが、政府による緊急事態宣言延長に伴う新型コロナウイルス感染症対策のため、無観客の収録配信形式で開催します。
配信日時等詳細は、決定次第当HPでお知らせします。


「知財と社会問題研究所スタートアップシンポジウム:ゲームを活用した社会課題解決の可能性の研究」

内容:
・「知財と社会問題研究所」趣旨説明、設立の経緯
・「ゲームを活用した社会課題解決の可能性の研究」共同研究の紹介
・基調講演 タイトル「ゲーム実況におけるコミュニケーション」
 石川ルジラット(青山学院大学総合文化政策学部 助教 )
・パネルディスカッション タイトル「ゲームが創造する新たな公共圏」 
 原田勝弘(株式会社バンダイナムコエンターテインメント ゲームプロデューサー)、石川ルジラット (青山学院大学総合文化政策学部 助教/創作文化)、田嶋規雄 (SSP-IP客員研究員 拓殖大学商学部 教授/ マーケティング・消費者行動)


司会進行:椿彩奈氏(タレント、本学校友)

SSP-IPの研究の知見と、バンダイナムコエンターテインメントのゲームを中心としたエンターテインメントに関する知見が融合し実践的な研究を行うことで、ゲームを通してすべての人が共に尊重し、成長し合う社会の実現を目指します。

SSP-IP_Startup_Symposium2021_220414